合衆国を中心に急速に普及しつつあるSaaSは、業務処理情報サービスをネット上で提供しています。その市場規模は2010年には1兆円になると予想されています。サービス提供企業とユーザー企業間で合意することが望ましいサービスの内容・範囲・品質等に関する保証基準の共通認識(Service Level Agreement:SLA)のガイドラインが経済産業省により公表されています。例えば、サービスの稼働率や障害復旧時間、データーのバックアップ、セキュリティレベルなどをSaaS提供企業側が明確に、ユーザー企業との間で合意するよう求めています。

参照 ⇒http://www.meti.go.jp/press/20080121004/20080121004.html