全国銀行協会では、金融機関における適切な個人情報保護と利用のため「個人情報の保護と利用に関する自主ルール」をまとめています。

(財)金融情報システムセンターでは、「金融機関等における個人データ保護のための取扱指針」などを発刊することで、個人データ保護を適切に実施しえる体制づくりを啓蒙しています。

ある銀行では改修工事の際、撤去するキャビネットに保管していた普通預金の印鑑票を約5千枚を紛失しましたが、重大な個人情報漏えい事故のケースです。

何ものかが押し入り、保険契約者の個人情報が保存されたパソコンを盗まれたケースや知らない間に名簿業者に証券会社の約1万人分の顧客データーが流出したケースなど枚挙にいとまがありません。

ですから、銀行の事務代行を行なっている補助的金融業者、事業者向け貸金業者、消費者向け金融業者などにとっては、秘匿性が高い膨大な個人情報を適正に扱うためにPマークの取得・更新が重要です。