(社)日本通信販売協会は、「通信販売における個人情報保護ガイドライン」を策定し、通信販売事業者の個人情報保護への自主的な取り組みを支援・促進しています。

この第1条(目的)には、

「(社)日本通信販売協会の会員である通信販売会社(以下「会員社」という。)が取り扱う個人情報の適切な保護のための指針となる事項を定め、会員社がその活動の実態に応じた個人情報保護のための実践遵守計画(コンプライアンス・プログラム)を策定することを支援し、促進することを目的とする」

とあります。

同協会は、インターネットを利用した消費者向けの電子商取引において、適切な取引を行う事業者を認定したオンラインマーク(日本商工会議所とタイアップ)を付与しています。

プライバシー保護を自社の企業活動における社会的責任であると捉え、Pマークとオンラインマークを取得・更新して、個人情報の適正な管理・維持に努めましょう。