生彩ある人生

蒼き淵の彼方よりあふれ出づる光の泉。内なるしじまと向き合いて 輝きは聖となり私と成す。

2008年12月

さて、謎の乗っ取り屋と呼ばれるスティール・パートナーズの取締役は日興コーディアル証券(日興)出身の西祐介氏であり、日興は事実上シティバンクグループの傘下です。また、かれらの乗っ取り資金は、合衆国の老舗銀行メリル・リンチからきています。 このようなスティ ...

にもかかわらず、ネバー・ギヴアップの精神で、 その後当方は、以前からの友好的な株主たちと相談して、 時間をかけて株を彼らから買い取り持株比率を戻します。 さらに、弁護士法人とタイアップして対策を練るでしょう。 この工程で、彼らの利益相反などの違法行為の ...

現行の会社法でも、第三者割当て増資は株主総会の特別決議が必要です。 特別決議は、出席した当該株主の議決権の3分の2以上。 特定の第三者に株式を特定の価格で割り当てることは他の株主と公平にならないから、第三者割当て増資は特別決議になります。 「有利発行」と言 ...

12月7日の日本経済新聞朝刊の一面に、『第三者増資、総会決議を義務化 法務省、会社法改正で検討』と題された記事が掲載されました。以下、引用します。 ☆ ☆ ☆ 法務省は、買収防衛などに活用される第三者割当増資により利益が縮小しかねない既存の少数株主の保護に ...

このページのトップヘ