生彩ある人生

蒼き淵の彼方よりあふれ出づる光の泉。内なるしじまと向き合いて 輝きは聖となり私(わたくし)と成す。

2016年03月

WICHITA

一昨年に合衆国で出版された一冊の本が、昨年末、和訳されました。富豪ファミリーの生き様を描いたものです。このファミリー(兄弟)は、2012年の合衆国大統領選挙でオバマ大統領陣営が再選に向けてテレビコマーシャルを放映した際、今まで以上に知られることになりました。なぜなら、その内容が共和党への攻撃ではなく、コーク兄弟への攻撃であったからです。

「コーク一族」米大統領選の命運を握る大富豪ファミリーの正体
(現代ビジネス 2016年01月14日(木) 古村治彦)
全米第二位の規模
コーク一族。いま、アメリカでもっとも注目を集めている大富豪ファミリーだ。積極的に政治に関与していく姿勢を見せる彼らの動きひとつで、大統領選の結果も変わると言われるほどだ。全米でベストセラーとなった『コーク一族 アメリカの真の支配者』。日本版の訳者である古村治彦氏が、その歴史と政治力について解説する。
 政治にカネは付きもの。政治活動にはカネがかかる。政治家たちは常にカネを欲し、彼らを意のままに動かそうとする個人や団体は金を提供する。これは、世界中どこでも同じだ。だが、世界覇権国アメリカともなると、そのスケールははかりしれないものがある。
 アメリカ大統領選挙は選挙区が全米となり、民主、共和両党の予備選挙から本選挙にかけて、およそ2年の長丁場を戦うことになる。その地理的広大さと時間の長さのため、11月に行なわれる本選挙までに、総額で10億ドル(1200億円)超とも言われる巨額の選挙資金が必要で、各候補者たちは資金集めに躍起となる。
 インターネットなどを通じた小口の寄付から金持ち層からの高額の献金まで、ありとあらゆる方法で金をかき集めようとする。政治資金の集まり具合で、候補者たちの勢いを測定することもできるし、献金が集まらず、泣く泣く撤退する候補者たちも多く出る。
 さて、アメリカ大統領選挙がいよいよ本格化するが、政治資金に関して、アメリカで注目を集めているのが大富豪・コーク一族の次男チャールズと三男デイヴィッドだ。彼らは「コーク兄弟」と呼ばれ、マスコミを賑わせている。
 彼らが経営しているのは、非上場の大企業「コーク・インダストリーズ」。1940年創業で、石油、化学、日用品の総合企業だ。日本ではあまりなじみはないかもしれないが、その規模は、非上場企業では全米第2位の規模を誇る。
 2013年の売り上げがグループ全体で1150億ドル(約13兆8000億円)もあり、従業員数は約10万人。コーク兄弟の資産は、それぞれ約220億ドル(約2兆6000億円)と言われている。彼らの資産の過半はコーク・インダストリーズの株式だ。

ティーパーティーの立役者
 チャールズとデイヴィッドのコーク兄弟は自分たちの豊富な資金に加え、考えを同じくする保守的な大口献金者たちを集め、政治献金ネットワークを作り上げている。そして、その資金力を背景にして、現実政治に深く関与しようとしている。
 チャールズ・コークは、2015年4月にマスコミのインタヴューに対して、2016年のアメリカ大統領選挙では「8億8900万ドル(約1000億円)を選挙資金として投入する用意がある」と答えている。
 では、彼らは今回の大統領選で誰を支持するのか。それは、選挙の行方を左右することになるかもしれない。
 コーク兄弟は、個人の自由と自由市場を尊重するリバータリアニズムを信奉するシンクタンクである「ケイトー研究所」を創設し、資金を投入してきた。その他にも保守系のシンクタンクや大学のプログラムに多額の資金を投入し続けている。
 さらには、それらの研究機関で生み出されたアイディアを現実政治に反映させるべく、「アメリカンズ・フォー・プロスペリティ(AFP)」をはじめとする数々の保守系市民団体にも資金を投入してきた。こうしてコーク兄弟は政治思想から現実政治までを一つにつなげるネットワーク(「コーク帝国」と呼ばれている)を構築した。
 背後には彼ら自身を含む大口献金ネットワークがあり、コーク兄弟は、この2つのネットワークを使って、アメリカをより保守的な国へと変えてしまおうとしているのだ。具体的には、政府の役割を縮小し、ほとんどの分野を自由市場に任せることを目標とし、この考えに近い政治家たちを応援するということになる。そうなると必然的に共和党を支持し、民主党に敵対することになるだろう。
 コーク兄弟がアメリカ政治の表舞台に姿を現してからはそんなに日は経っていない。彼らの存在に注目が集まったのは、2009年から始まったティーパーティー運動と2010年のアメリカの中間選挙であった。

トランプとの浅からぬ関係
 2008年の米大統領選挙を勝ち抜いたバラク・オバマ大統領を標的にした、「大きな政府」への反対を標榜するティーパーティー運動は全米で大きな盛り上がりを見せた。
 その勢いに乗って、2010年の中間選挙(連邦上院の一部と連邦下院が対象)では、共和党が勝利を収め、特に連邦下院では、共和党が過半数の議席を取り返すことに成功した。この時、共和党にはティーパーティー運動からの支援を受けた新人議員たちが多数誕生した。
 このティーパーティー運動は、アメリカ国民の中から自然発生的に誕生したものだと思われていたが、資金提供者としてコーク兄弟の存在が浮上し、全米メディアが彼らに注目した。
 コーク兄弟はティーパーティー運動との関係を否定したが、新人議員たちの当選後の宣誓式に三男デイヴィッド・コークが満面の笑みを浮かべて出席したこと、ティーパーティー運動に前述のAFPが資金提供をしていたことなど、状況証拠はすっかり揃うことになった。彼らコーク兄弟は、リベラルなマスコミからは「悪役」認定されることになったのだ。
 コーク兄弟は今の時点(2015年12月)ではどの候補者を支援するのか、はっきりと表明していない。現在、共和党内で大統領選挙候補者として最も人気の高いドナルド・トランプは自分の資産を使って選挙戦を展開しているので、コーク兄弟から資金提供を受けてはいない。
 それどころか、他の候補者たちに対して、「コーク兄弟からカネを貰いにカリフォルニアに行かれるとのこと、うまくいくことを祈ります。でも、皆さん方は操り人形なのか?」とツイッターを通じて強烈な皮肉を言い放った。
 しかし、コーク兄弟が深く関与し、支援しているAFPに勤務していたコーリー・ルワンドスキーという人物がトランプ陣営の選挙対策責任者を務めている。
 コーク家は、世界でも屈指の大富豪で、アメリカ政治に深くかかわろうとしている一族だが、極端な秘密主義のために、コーク家、コーク兄弟については、これまでアメリカ国内でさえもあまり知られてこなかった。
 その秘密のヴェールに包まれた大富豪コーク家の歴史を丹念に取材し、全貌を描き出したのが、アメリカのジャーナリストであるダニエル・シュルマン。その成果が『アメリカの真の支配者 コーク一族』となって結実した。
 この本の中で、コーク家の公私にわたる歴史が完全に網羅されている。コーク家の四兄弟の泥沼の法廷闘争や華やかな私生活まで描き出されている。
 アメリカの大富豪たちの生活の一端を覗くこともできる一冊。アメリカ大統領選挙の年である2016年、アメリカ政治を理解する上でも必読の書であると、訳者である私は断言したい。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/47359
コーク

著者のダニエル・シュルマンは、左翼系の雑誌『マザー・ジョーンズ』誌のワシントン支局上席編集者です。関連記事として、一昨年にNY Timesに掲載された書評を転載します。
Billionaire Boys Club
‘Sons of Wichita,’ by Daniel Schulman
By NICHOLAS LEMANN MAY 23, 2014
コーク2
The Koch brothers, from left: William, Charles, David and Frederick.
In 2010, two of the Koch brothers, Charles of Wichita, Kan., and David of New York, rather suddenly became the top-of-mind conservatives for American liberals. That was partly because at that moment the Democratic Party controlled the White House and both houses of Congress, so there wasn’t a dominant conservative politician to focus on; partly because of a wave of news media attention, notably an influential story on the Kochs’ political activities by Jane Mayer in The New Yorker; and partly because of the rise of the Tea Party movement, of which the Koch political apparatus was a primary backer. The conservative victories in the Congres-sional elections that fall looked like conclusive proof of the Kochs’ power. The very first television ads the Obama re-election campaign ran in 2012 were attacks on the Kochs, not on the Republican Party.

Daniel Schulman, a senior editor in the Washington bureau of Mother Jones magazine, undertook “Sons of Wichita” during that wave of intense liberal interest in the Kochs, and if Barack Obama’s re-election, which the Kochs fervently tried to prevent, made them look a little less puissant, that opens up some room to consider them outside the tight frame of their present-day maneuverings in Washington and the state capitals. Schulman has taken advantage of this opportunity to produce a book that is closer to a family saga than a political expose. There are four Koch brothers, not two, and they have been feuding, intermittently but operatically, for many decades.

The founder of the family dynasty, Fred Koch, born in 1900, grew up middle class in a small town just east of the Texas Panhandle and rose quickly. A few years after graduating from M.I.T., he helped found an engineering firm in the oil industry that did well enough to make him rich by the time he was in his early 30s. He met his wife, Mary, a Kansas City debutante, at a polo match, and was able to hire a private plane to carry her extensive luggage on their honeymoon. The Kochs set themselves up on an estate in Wichita, and Koch Industries prospered. Their four sons — Frederick, Charles and the twins David and William — were all sent first to boarding schools and then to Harvard (Frederick) or M.I.T. (the other three).

It would be hard to think of a rich oilman in the Southwest who wasn’t right-wing during Fred Koch’s midcentury heyday, but Koch seems to have been especially so. A period spent doing business in the Soviet Union in 1930 left a deep impression on him. In 1938 he wrote to a friend that Germany, Japan and Italy were “the only sound countries in the world.” In 1958 he became one of the founders of the John Birch Society. In 1960 he published a pamphlet called “A Business Man Looks at Communism,” in which he wrote: “The colored man looms large in the Communist plan to take over America.”

The eldest son, Frederick, a collector and patron of the arts, didn’t get along with his father and never worked in the family business. His three younger brothers did. Charles has been running it since 1967, when Fred Koch died. Both Charles and David inherited some variant of their father’s conservatism, but they have devoted themselves mainly to libertarian causes rather than to the Birch Society and its descendants. Charles was one of three founders — the one with the money —of the libertarian Cato Institute, in 1977. David ran for vice president of the United States on the Libertarian Party ticket in 1980, thus opposing Ronald Reagan. William Koch is possibly more liberal than his brothers, and definitely more flamboyant (which, in this family, is saying a lot). He spent the entire 1980s and ’90s waging war on Charles and David, often enlisting Frederick as his ally. He started his own company, filed multiple lawsuits against his brothers and became the leading purveyor of dirt about the Koch empire. These activities won William and Frederick very large, and spectacularly spent, financial settlements from Charles and David. Schulman tells us that Charles, David and William did not sit down for a meal together for nearly 20 years, until May 2001, when a carefully negotiated truce finally began to take effect.

The Obama campaign’s ad called the Kochs “secretive oil billionaires.” That captures both the allure and the difficulty of writing about them. Koch Industries is America’s second-largest private company (after Cargill, the Minnesota grain giant), and that’s substantially because Charles and David Koch don’t want to disclose as much about their business as publicly held companies have to. Schulman tells us he collected “hundreds of interviews” for his book, but a great majority of the material on the page comes from public sources — mainly news accounts and legal documents produced during the brothers’ battles. At the very end there is a brief, tantalizing direct encounter with Frederick Koch, in a grand Upper East Side mansion where he keeps some of his art but doesn’t live, but it ends with Frederick demanding that Schulman sign a document giving him the right to approve everything Schulman writes about him, and Schulman refusing. Otherwise all the principal characters in the story are inaccessible.

Schulman has ably assembled everything known about the Kochs into a single, straightforward, understandable account, marred by occasional lapses into cheesy wording (“Scantily clad women danced poolside and gyrated on the tennis court”) or mixed metaphors (“The brothers’ opponents seemed to miss the forest for the trees as they strained to find evidence of the Kochs’ hidden hand at work, a smoking gun that proved the governor of Wisconsin’s marching orders came straight out of Wichita”). He is inescapably a prisoner of the available material, so there’s a great deal here about lawsuits and government investigations, but less than you would want to know about exactly what Koch Industries — whose revenues, Schulman tells us, increased from $70 million in 1960 to $90 billion in 2006 — does and how it became so successful. Still, it’s some combination of poignant and fun to get at least a peek inside the life of a family whose misadventures have taken place against a lush backdrop of grand homes, yachts, priceless paintings, messy romances, private investigators and armored limousines. (From what little Schulman is able to tell us, the members of the third generation of the Koch dynasty seem thus far to be content to live a lot more quietly and less luxuriously than the second generation.)

“Sons of Wichita” may strike some readers as surprisingly pro-Koch. Although Schulman leaves out no confirmable damning detail, especially about Koch Industries’ deadly indifference to environmental and safety matters, he grants Charles and David two key concessions: They have sincere political views that go beyond being just a cover for their companies’ interest in lower taxes and fewer regulations, and many of their political activities have been right out in the open, rather than lurking in the shadows. He seems to be almost in awe of Charles, the most mysterious of the brothers, who runs Koch Industries by a system he devised called Market-Based Management. Summarizing, but not dissenting from, the views of Charles’s employees, Schulman calls him “a near-mythic figure, a man of preternatural intellect and economic prowess,” adding: “He is unquestionably powerful, but unfailingly humble; elusive, but uncomplicated; cosmopolitan, yet thoroughly Kansan.” It’s noteworthy, Schulman argues, that for decades the Koch family was definitely not welcome in the Republican Party. That they came to stand for Republicanism, at least in the minds of liberals, in 2010 and 2012 is testament to their persistence, to the weakening of the traditional party structures and to their success in making libertarianism a mainstream rather than a fringe ideology. “It’s a brilliant, extraordinary accomplishment,” Schulman quotes Rob Stein of the liberal Democracy Alliance as saying about the Kochs’ rise to influence.

If Schulman winds up denying his readers the satisfaction of believing that if only two malign figures can somehow be beaten back, American conservatism would be crippled, that’s probably a good thing. Even the Tea Party movement is not entirely dependent on intravenous feeding from the Kochs or that other favorite liberal villain, Fox News. And elements of Koch-style libertarianism, connected to the interests of major donors, now live within the Democratic Party too — not just on social issues like same-sex marriage, but on economic and regulatory ones too. “Sons of Wichita” reminds us that political outcomes depend far more on ideas and organization, and the energy and persistence devoted to them, than they do on the balance of power between good guys and bad guys.

SONS OF WICHITA
How the Koch Brothers Became America’s Most Powerful and Private Dynasty
By Daniel Schulman
Illustrated. 424 pp. Grand Central Publishing. $30.

Nicholas Lemann is dean emeritus of Columbia Journalism School and a staff writer at The New Yorker. http://www.nytimes.com/2014/05/25/books/review/sons-of-wichita-by-daniel-schulman.html?ref=books&_r=1


ウィチタ(Wichita)はカンサス州最大の都市にして合衆国航空機産業のメッカです。航空機の生産の中心地なのです。カンザス航空博物館では模型機を展示し、航空分野での先駆者を紹介しています。館内の探検広場には、航空学や科学の不思議が学習できる子供向けの展示があります。今も、ウエスタン(西部魂)がこの近代化した街には息づいています。


大きな笑顔の佳き日々を  感謝

ゼロ

昨年5月30日20時24分頃、小笠原諸島西方沖、深さ約682km(下部マントル)で、世界最深の地震が起きました。これを契機に、全ての流れが好転し始めたようです。または、全てが御破算(ごわさん)となりました。今までの行きがかりを一切捨てて、元の何もない状態に戻す勇氣(胆力)が大切です。新しいスタートです。断捨離も大いに効果がありそうです。
震源を682キロに修正、気象庁「M8クラスで世界最深の地震」
(産経 2015.5.31 16:54更新)
 小笠原諸島の母島(東京都)と神奈川県二宮町で震度5強を観測した地震で気象庁は31日、地震の規模を示すマグニチュード(M)を8・5から8・1に、震源の深さも約590キロから682キロに、それぞれ修正した。気象庁によると、1900年以降のM8以上では、世界最深の地震だとしている。
 気象庁によると、通常の地震の規模計算は、地震発生直後の津波有無の判断を迫られる中で作業しなければならず、3分の間で行われる。このため、遠い地点の地震波形まで精査できず近い地点のデータを元に弾き出すという。
 今回も同様の手順で小笠原諸島と伊豆諸島の4点のデータで計算し、Mを8・5とした。ただ、約2千キロ離れた地点も含めた101地点のデータで再計算したところ、Mを8・1に修正した。震源も約100キロ深い682キロと判明したとしている。
 気象庁によると、この修正でエネルギーは約4分の1に減る。修正は、その日のうちに行われることもあるが、気象庁は「非常に深いところの地震で、規模も大きかったことから精査に時間を要した」と説明している。
 太平洋プレートの沈み込みに伴う深いところで起きたとする説明などメカニズムについては変更はないとしている。http://www.sankei.com/affairs/news/150531/afr1505310019-n1.html

地球内部の層構造と圧力温度
地球内部の層構造と圧力温度


大きな笑顔の佳き日々を  感謝
最新コメント
生彩ある人生の契機に




プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ