生彩ある人生

蒼き淵の彼方よりあふれ出づる光の泉。内なるしじまと向き合いて 輝きは聖となり私と成す。

2018年03月

『バテレンの世紀』(渡辺京二・新潮社・2017.11.30発行)への原武史氏の書評に、渡辺氏と原氏の歴史学徒としての眼力を見ました。以下、転載致します。お楽しみください。 参照: 生彩ある人生 「総じてけっこうな時代」 バテレンの世紀(ALL REVIEWS 2018/02/26) 現代史 ...

藤原肇博士が『財界日本』(2018年4月号)に寄稿なさった小論をサイト宇宙巡礼より転載させていただきます。社会の木鐸たるこの小論をお楽しみください。 日本を破壊したゾンビ政治と愚民化のための言論統制 フリーランス・ジャーナリスト、慧智研究センター所長 藤原肇 安 ...

このページのトップヘ