生彩ある人生

蒼き淵の彼方よりあふれ出づる光の泉。内なるしじまと向き合いて 輝きは聖となり私と成す。

2018年07月

先ず、素直にすべてを受け入れてみることから、 生彩ある人生は始まるのではないでしょうか。 武井壮氏(たけい そう:1973年生)から多くを学ぶことが来ます。 ありがとうございます。 ...

やりすぎない、強くなりすぎない。 生きて行きやすく、生きる。 それが自然。 まったり、ゆったり、さわやかに生きる。 急がない、急がない。 生彩ある人生のエッセンスではありませんか。 ...

このページのトップヘ