尊敬する草苅健氏のホームページの「鹿追モデルの源泉を探って」に、生彩ある人生のエッセンスを覚えました。
■9/6 鹿追モデルの源泉を探って
(雑木林&庭づくり研究室  日々の迷走 2017年9月6日)

今週早々、鹿追町にお邪魔していました。地域力の一つのとらえ方であるソーシャル・キャピタルの源泉を探るものでした。というのも、アンケートをしてみると、鹿追高校の生徒がほかの道内10校に比べて明らかに高い地域愛着度を示し、鹿追のマチの人に恩返しをしなくちゃ、みたいなことを考えているのです。人口減少と高齢社会に悩む今、地域に戻って恩返し!。この自然な発想がどこから来るのか。町長、教育長、高校関係者のほか、社会教育の関係者に聞いてみる絶好の機会でした。子育てまっさい中のお母さんたちも集まってくれました。もちろん、それぞれ別々の場ですから二日にまたがり丸一日がかり。ピュアモルトクラブという写真のこの施設も、若者がのびのびと地域で生きるための示唆に富む取組でした。やはり女性が元気であることの意味は予想外に大きいことを改めて知ります。(共著:『これからの選択 ソーシャル・キャピタル』をご参照ください)

これからの選択 ソーシャル・キャピタル
(単行本: 249ページ; 出版社: 北海道開発協会; ISBN-10: 4938843196;ISBN-13: 978-4938843199; 発売日: 2011/11/10)
第6章「3.女性が開く地域新時代」(219〜236頁)と「4.地域事例を串刺しする視点の試論」(236〜247頁)を興味を持って読ませていただきました。本書のような良書には、良質の索引が付いていた方が自然だと思いました。
是非、本書を紐解いてください。おススメします。


閑話休題(それはさておき)


社会のために役立ちたい、社会とつながりたい、という気持ちの若者たちは多いと思います。しかしながら、役立つには何をすべきなのかが分かりません。自分の頭で、自分の気持ちで、本物だと思える人やものに出会うのは容易ではありません。自分の人生を通じて、これだ!と直感できる「お役目」(価値または天職)と「場」を探しているのです。加えて、シニア世代もまた同様に、お役目と場を探し求めているはずです。理屈ではなく、生きる「場」または生きがいを発揮できる「場」を自分が暮らすコミュニティ・町内会・市町村・地域・国家に見いだせるなら、こんな幸せなことはありません。自分は人々の役に立っていて、自分の言動が人々の喜びに繋がっているという自覚と自信。これはリーダーという立場でも、フォロワーという立場でも同じことです。ソーシャル・キャピタルの必要条件は、自分たちが価値としてのお役目を共有していることだと思います。

最近、私が暮らす町内で、ゴミ・ステーションがリニューアルされました。旧ステーションの時は、町内会長さんが雪の除雪してくれいました。しかし、彼は会長職をリタイヤしました。先日、新しい町内会長さんとこの件で少しばかりお話ししました。これからやってくる雪の季節に、除雪のお役目をどうするか。現場の環境を整える人的資源は私たち一人ひとりのお役目です。行政の出る幕ではありません。今まで以上に、ご近所のコミュニケーションと連携が求めらることになります。私見によれば、コミュニケーションは対面と紙媒体に加えて、メールや町内会SNSなどへとイノベートしていく時代です。願わくば、年長者のみではなく、10代〜30代の若い世代の人々が、この小さな「ゴミ・ステーション」活動にかかわり、この場をツール(足がかり)として地域コミュニティーに対して発言する能力を開発できるなら、なんと素敵なことでしょう。住む地域=公的空間を、さも自分の家=私的的空間でもあるかの如く調和する喜び。生活に直結するものごとに携わる人は、地に足をつけた実現可能性の高いビジョンを持って発言ができるようになるものです。加えて、場の問題も。現在は町内会の集まりは近所の総合病院の会議室を借りています。近くにはお寺がります。お寺という場の力を借りて、一度集まりを持ってみたという気がしています。ゴミ・ステーションから話題が、地域の経済や開発へとシフトしていくなら、場にかかわる人材のポテンシャルが高まっていくに違いありません。同時に、町内会という組織が大きくイノベートされいくことになるでしょう。このダイナミズムは想像するだけで、笑みがこぼれますね。

参考:サロベツ原野の保全活動
参考: 流れのままに 「大局を知る」(2005年07月25日)


秋の香りと虫の音に心躍らす深夜に。   感謝