キューブリック監督キューブリック2
クリストファー・ノーラン監督2
(C)2012 Company Films LLC all rights reserved.
クリストファー・ノーラン監督
(C)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

クリストファー・ノーラン監督「2001年宇宙の旅」70ミリフィルム版を監修
(映画.com ニュース 2018年5月7日 16:00)
カンヌでお披露目@ 写真:Album/アフロ

クリストファー・ノーラン監督「2001年宇宙の旅」 フィルム撮影にこだわることで知られるクリストファー・ノーラン監督(「ダンケルク」)が、SF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」(スタンリー・キューブリック監督)のリバイバル上映版を監修したことが明らかになった。
 米ワーナー・ブラザースは5月12日(現地時間)、「2001年宇宙の旅」の公開50周年を記念した70ミリフィルム版を、カンヌ国際映画祭でプレミア上映する。70ミリフィルムで上映されるのは、1968年のオリジナル上映以来初めてで、デジタルで画質を補正するレストアを一切行っていないのが特徴だ。
 カメラで撮影されたネガから70ミリフィルムにプリントされているそうで、ノーラン監督は「デジタルのトリックや、リマスターされたエフェクト、修正のための編集はいっさいありません。50年前に観客が体験した映画事件を再現した、レストアされていない映画なのです」と明かしている。
 ノーラン監督は幼少期にもっとも影響を受けた作品として同作を挙げており、「インターステラー」はそのオマージュの要素を含んでいる。なお、50周年記念70ミリフィルム版はカンヌ国際映画祭でお披露目されたあと、アメリカでも上映される予定だ。(映画.com速報)

50年前のネガから新プリント!カンヌで上映されるスタンリー・キューブリック監督の70mm『2001年宇宙の旅』の予告公開!デジタル修復なしでこの映像!
(シネフィル編集部 @ cinefil編集部2018-04-21)
 カンヌ国際映画祭でお披露目される、スタンリーキューブリック監督の70mm『2001年宇宙の旅』の新しい予告がワーナー・ブラザースから4月19日に公開されました。
 「最初のリリース以来初めて、この70mmのネガがオリジナルカメラから撮られたままの状態で新しくプリントされた」とクリストファー・ノーランが説明し「これが本当のフィルムです。何のデジタル技術、リマスターエフェクト、また編集による修正はありません--観客は50年前に経験した時の映画鑑賞をそのまま再現できます。」と語っています。
 映画はカンヌで5月12日にカンヌ国際映画祭で上映されその後、アメリカで公開。
また、ノーラン監督は、カンヌ当日はキューブリックの娘、カタリーナと彼の長年のパートナーの義理の兄弟、ジャン・ハーランが出席することも伝えています。
 ともかく、予告をご覧くださいー
映画史に残るキューブリック監督の傑作『2001年 宇宙の旅』は50年経っても、変わらない美しさ、クオリティ--予告だけでも魅了されます。
新しく動画で挙がった『2001年宇宙の旅』予告

 日本では、現在70mm上映ができるところは、昨年10月黒澤明監督の『デルス・ウザーラ』を70mmで上映して話題になった国立映画アーカイブだけなのですが、ぜひとも上映してほしいものです--
 また、『2001年宇宙の旅』関連では、ワシントンのスミソニアン航空宇宙博物館では現在『2001年宇宙の旅』の”あの部屋”が再現された展示が開催されています
 『2001年宇宙の旅』公開から50周年の今年は、まだまだこの映画に関連した催しがつづきそうです。

「2001年宇宙の旅」50周年記念しカンヌで70mm版上映、C・ノーランが案内役
(映画ナタリー 2018年3月29日 19:57)
 スタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」の公開50周年を記念した70mmフィルム版が、第71回カンヌ国際映画祭にてフランス現地時間5月12日に上映されることがわかった。
 クラシック部門にて上映される今回のバージョンは、一切の修復作業を経ずオリジナルネガから新たにプリントされたもの。「ダンケルク」のクリストファー・ノーランが、ワーナー・ブラザースのスタッフとともに監修を担当した。
 上映時には、キューブリックの妻クリスティアーヌ、彼女の弟でありキューブリックの「シャイニング」「フルメタル・ジャケット」などで製作総指揮を担当したヤン・ハーランとともに、ノーランが案内役として登場する予定。彼がカンヌ国際映画祭に参加するのはこれが初となる。またノーランは、翌5月13日に行われるマスタークラスにも登壇し、自身のフィルモグラフィやキューブリックの作品について語る。
 この発表に際し、クリスティアーヌは「もしスタンリーが今も生きていたら、きっとクリストファー・ノーランの作品に感銘を受けていたでしょう。今回の特別上映の案内役をクリストファーが引き受けてくれたことに感謝します」とコメント。ノーランは「私のもっとも古い映画体験の1つが、ロンドンのレスタースクエアで『2001年宇宙の旅』の70mm上映を父と一緒に観たことです。今回カンヌ国際映画祭にて、修復されていない70mmバージョンを若い世代が鑑賞する機会を設けられたこと、そして案内人を務められることは、私にとって光栄の至りです」と述べている。
 1968年に公開された「2001年宇宙の旅」は、謎の石板“モノリス”と人類の接触、そして人工知能を搭載したコンピューター“HAL 9000”の人類への反乱を描いたSF。革新的な映像と哲学的なストーリーによって、映画界に多大な影響を与えた。なお70mmフィルム版は、5月18日より全米でリバイバル公開される。