老子第二十五章
有物混成、先天地生。寂兮寞兮、獨立不改、周行而不殆。可以爲天下母。吾不知其名、字之曰道。強爲之名曰大。大曰逝、逝曰遠、遠曰反。故道大、天大、地大、王亦大。域中有四大、而王居其一。人法地、地法天、天法道、道法自然。
物有り混成し、天地に先んじて生ず。寂(せき)たり寞(ばく)たり、独立して改(かわ)らず、周行して殆(とど)まらず。以(も)って天下の母と為すべし。吾(わ)れその名を知らず、これに字(あざな)して道と曰(い)う。強(し)いてこれが名を為して大と曰う。大なれば曰(ここ)に逝(ゆ)く、逝けば曰に遠く、遠ければ曰に反(かえ)る。故に道は大、天も大、地も大、王もまた大なり。域中(いきちゅう)に四大(しだい)あり、而(しか)して王はその一に居る。人は地に法(のっと)り、地は天に法り、天は道に法り、道は自然(じねん)に法る。

混じり合った物があり、それは天地より先に生まれました。無音で静かにして無形、何ものにも頼ることなく、変化もなく、あちらこちらへと活動しとどまるところがありません。それは思うままに振舞うという人間の本性(母性)そのものです。私はその名を知らないが、「道」と命名しよう。あえて別の言い方をするなら、「大」と呼びましょう。「大」であればいつまでも活動し、いつまでも活動すれば果てしなく遠くまで動き、果てしなく遠くまで動けば再び元の場に返ります。よって、「道」がこの「大」の性質を持つように、天も「大」であり、地も「大」であり、王もまた「大」なのです。この世界にはこれら四つの「大」が存在し、人を統べる王はその一つであらねばなりません。人は地に習い、地は天に習い、天は「道」に習い、「道」はあるがまま・流れのままです。

老子はここで、人間は道である自然の動きに法(のっと)り習い従うことを説いています。「道は通じて一と為す」とは、「万物の一体」のことで、万物は斉(ひと)しく同じ(「万物斉同」)であること。

「大なれば曰(ここ)に逝き、逝けば曰に遠く、遠ければ曰に反(かえ)る」を『易経』では、陰陽魚太極図に示された陰陽の消長する運動体が万物であると観たのです。
魚太極図

「わが命は、われに在りて、天に在らず」とは、道より与えられた運命と寿命は自分の力でマネジメントするもので、天により決め定められたものではないということ。すべての生命(いのち)には、主体性が備わっています。

有史以来、最大の局面をわが日本民族は迎えようとしています。

日本民族の命運は、他者に在りはしません、私たちに在ります。

この局面に参集したすべての方々の成功を願って止みません。

大自在を得て、天地の間だに独歩せん是れを大悟徹底の時とする週末を

b23fcbae-s