三宅一生6
東京・国立新美術館で記者会見する三宅一生さん
(2016年3月15日撮影)。(c)TORU YAMANAKA / AFP


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

広島市名誉市民 三宅一生氏の御逝去に対する市長コメント
(広島市 2022年8月9日更新)
広島市の名誉市民である三宅一生先生の訃報に接し、大きな驚きと深い悲しみを禁じえません。

先生は、昭和13年(1938年)に広島市東蟹屋町(現・広島市東区)に生まれ、7歳の時に被爆されました。

多摩美術大学卒業後すぐに初のコレクション「布と石の詩」を発表されるなど精力的に活動を続けられ、同大学を卒業後、フランスのパリや米国ニューヨークでの修行を経て、昭和45年(1970年)に三宅デザイン事務所を設立されました。

先生は、平面の布と立体である身体との関係を独自の目でとらえ直し、「一枚の布」という画期的な衣服の概念で世界に衝撃を与え、昭和63年(1988年)に発表された「プリーツ・プリーズ」は国境を越え、世界中から広く支持されています。

先生の数々の活動は国内外で高く評価され、平成2年(1990年)には第1回ヒロシマ賞、平成5年(1993年)にはフランスのレジオン・ド・ヌール勲章シュヴァリエが授与され、さらには、服飾デザインを芸術の一分野として認識させたことなどにより平成10年(1998年)に文化功労者に選ばれ、平成22年(2010年)には文化勲章を受章されるなど、国内外において数多くの賞を受賞されました。

また、先生は、平成21年(2009年)7月にニューヨーク・タイムズ紙に「閃光の記憶」を寄稿され、自らの被爆体験を通して核兵器の廃絶と世界恒久平和の実現を願う「ヒロシマの心」を広く世界にアピールされるなど、核兵器廃絶を願う広島にとってその御功績は誠に偉大であり、広島市民の誇りでした。

ここに改めて、その御功績を偲ぶとともに、先生の御冥福を心からお祈り申し上げます。

そして、その遺志を受け継ぎ、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて力を尽くしていくことをお誓い申し上げます。

令和4年(2022年)8月9日
                広島市長 松井 一實

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Opinion
OP-ED CONTRIBUTOR

https://www.nytimes.com/2009/07/14/opinion/14miyake.html

A Flash of Memory
By Issey Miyake
July 13, 2009


Tokyo

IN April, President Obama pledged to seek peace and security in a world without nuclear weapons. He called for not simply a reduction, but elimination. His words awakened something buried deeply within me, something about which I have until now been reluctant to discuss.

I realized that I have, perhaps now more than ever, a personal and moral responsibility to speak out as one who survived what Mr. Obama called the “flash of light.”

On Aug. 6, 1945, the first atomic bomb was dropped on my hometown, Hiroshima. I was there, and only 7 years old. When I close my eyes, I still see things no one should ever experience: a bright red light, the black cloud soon after, people running in every direction trying desperately to escape — I remember it all. Within three years, my mother died from radiation exposure.

I have never chosen to share my memories or thoughts of that day. I have tried, albeit unsuccessfully, to put them behind me, preferring to think of things that can be created, not destroyed, and that bring beauty and joy. I gravitated toward the field of clothing design, partly because it is a creative format that is modern and optimistic.

I tried never to be defined by my past. I did not want to be labeled “the designer who survived the atomic bomb,” and therefore I have always avoided questions about Hiroshima. They made me uncomfortable.

But now I realize it is a subject that must be discussed if we are ever to rid the world of nuclear weapons. There is a movement in Hiroshima to invite Mr. Obama to Universal Peace Day on Aug. 6 — the annual commemoration of that fateful day. I hope he will accept. My wish is motivated by a desire not to dwell on the past, but rather to give a sign to the world that the American president’s goal is to work to eliminate nuclear wars in the future.

Last week, Russia and the United States signed an agreement to reduce nuclear arms. This was an important event. However, we are not naive: no one person or country can stop nuclear warfare. In Japan, we live with the constant threat from our nuclear-armed neighbor North Korea. There are reports of other countries acquiring nuclear technology, too. For there to be any hope of peace, people around the world must add their voices to President Obama’s.

If Mr. Obama could walk across the Peace Bridge in Hiroshima — whose balustrades were designed by the Japanese-American sculptor Isamu Noguchi as a reminder both of his ties to East and West and of what humans do to one another out of hatred — it would be both a real and a symbolic step toward creating a world that knows no fear of nuclear threat. Every step taken is another step closer to world peace.

Issey Miyake is a clothing designer. This article was translated by members of his staff from the Japanese.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三宅一生さん死去 ファッションデザイナー、84歳
(afp 2022年8月9日 19:00 発信地:東京)
【8月9日 AFP】(更新、写真追加)世界的なファッションデザイナーの三宅一生(Issey Miyake)さんが5日、死去した。84歳。三宅さんの事務所関係者が9日、AFPに明らかにした。

 電話取材に応じた同関係者によると、三宅さんは5日夜に亡くなった。葬儀はすでに親族のみで済ませており、故人の遺志によりお別れの会などは予定されていないという。

 三宅さんは、1970年代にフランス・パリで脚光を浴びた若手日本人デザイナーの一人。

 ファッションデザインを「ものづくり」と呼んだ三宅さんは、豪華なオートクチュールからは距離を置き、先端技術を使って着心地の良い服を開発した。

 1938年に広島で生まれ、原爆が投下された時には7歳だった。70年に三宅デザイン事務所(Miyake Design Studio)を立ち上げた後、パリに最初のブティックを開いた。

 80年代にキャリアの絶頂を迎え、プラスチックやワイヤ、和紙などを用いた実験的な服作りに挑んだ。(c)AFP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三宅一生

8月5日に肝細胞がんで死去。享年84。
本人の意志により、お別れ会などは開催しない。
三宅一生氏の無事の昇天を祈願して止みません。



615644b4